社会福祉法人 草加福祉会

Recruit

介護職 中鉢 妙    - Q&A -

所属施設名
特別養護老人ホーム
マナーハウス横山台
職種
介護職
氏名
中鉢 妙
Q
あなたの今の仕事内容を教えてください。
A
特別養護老人ホームで介護職員として働いています。
ユニットケアを行っている施設であるため、仕事内容は利用者様の生活に関わる全てのことです。
食事や排せつ、入浴介助などの生活介助から、レクリエーションなどの楽しみの提供までと仕事内容が非常に幅広く、やりがいのある仕事であると思っています。
Q
仕事の面白さを感じる時は、どんな時ですか。
A
日々の仕事の中で、介護の技術だけでなく、利用者様との日常的な関わり方についても上手く出来るようになった、うまく関わることが出来るようになったと感じることができた時です。
当たり前のことですが、利用者様お一人お一人によって身体状態や性格、好きなものや嫌いなものが違います。
日々の業務で利用者様の生活に寄り添い、利用者様にとって快適な介助が出来るようになった、利用者様の笑顔が増えるようになったと感じる時に、介護職の面白さを強く感じます。
Q
この仕事で、一番嬉しかった、印象深かったエピソードはありますか。
A
施設のレクリエーション委員会として活動しています。
初めてメインで企画担当した施設行事がうまくいかず、ユニット利用者様に申し訳なかったと感じている時に、「こんなに大勢の人に喜んでもらおうと一生懸命に考えてくれてありがとうね」と言って頂いたことが、非常に印象深く残っています。
レクリエーション委員会としてだけでなく、日々の業務の中でも、利用者様に喜んで欲しいという思いがより一層強くなりました。
Q
逆に仕事で「つらかったなぁ」と落ち込んでしまった思い出はありますか。
A
忙しさを理由に利用者様の要望に対して心無い対応をしてしまい、利用者様を失望させてしまったと感じた時に、この仕事の難しさを感じて落ち込むことがありました。
業務が忙しい時間帯などに利用者様への対応があわただしいものになってしまうこと多いですが、その後のフォローも含めてもっと丁寧な対応を心がけたいと常に感じています。
Q
これから入職してくる後輩へメッセージをどうぞ。
A
介護職は、身体的にも精神的にも大変な仕事ですが、その分とてもやりがいのある仕事です。
日常的な業務の中では、「嬉しい、楽しい」と感じる事よりも、「辛い、難しい」と感じる事の方が多いかもしれません。
しかし、一生懸命考えて行ったことが利用者様に伝わり、「ありがとう」と言ってもらえた時の喜びは、何にも代えがたいものだと思います。
月並みな言い方になってしまいますが、利用者様の生活に寄り添い笑顔を見ることができる介護職という仕事を、悩みながら楽しんでください。
Q
入職してから(または社会人になってから)今までの、あなたの経歴を紹介してください。
A
大学を卒業して新社会人として当施設で働き始めたため、介護職2年目になります。
日々の業務にも段々と慣れてきたため、現在は介護福祉士と社会福祉士の資格取得を目指して、仕事をしながら自分の夢に向けての勉強を始めました。
Q
今後の目標は
A
日々の業務にも慣れてきたため、次のステップとして資格取得や研修を通して、仕事に関する知識を深めてより適切なケアが出来る様になることが今後の目標です。
1年半と言う短い期間ですが、これまで介護職員として働いてきた中で、知識不足のため利用者様に対してどのようなケアや対応をすればよいのかが分からないということがたくさんありました。
病気や怪我についての知識だけでなく、レクリエーションや認知症の利用者様への対応など、幅広い知識を身につけていきたいです。
Q
いま勉強している事やハマっている趣味などはありますか。
A
大学で心理学を学んだため相談援助業務に興味があり、社会福祉士の資格取得を目指して勉強をしています。
仕事と勉強の両立は大変ですが、その分充実した毎日を送ることができています。
Q
この「草加福祉会」を一言でどうぞ。
A
「草加福祉会」は、職員のやる気を応援し、サポートしてくれる法人です。
施設内での勉強会や様々な研修への参加など、自分の力を磨く機会がたくさん用意されています。
また、資格取得を目指す職員を応援し、サポートしてくれています。